ムダ毛の自己処理方法

ムダ毛処理トラブル

間違ったムダ毛処理は肌トラブルの原因になってしまいます。

 

残念ながら、正しい状態で行っていても100%大丈夫というわけではないので、トラブルについても知っておく事が大切です。

 

ムダ毛処理で起こりうる肌トラブルには以下のようなものがあります。

 

・埋没毛

 

ムダ毛処理をした後、次に生えてこようとする毛が皮膚の中に埋まってしまう状態のことをいいます。

 

触ると痛みを感じたり、皮膚の中で毛が丸まって見えるので見た目的にもよくありません。

 

これはなぜ起こるかというと、ムダ毛処理をした時に皮膚を傷つけてしまい、新しいムダ毛が出てくる前に皮膚が再生し、皮膚の中に毛を閉じ込めてしまった状態です。

 

カミソリや毛抜きでの処理をした場合によく見られます。

 

埋没毛がたくさん出来てしまう場合は、肌を傷つけていることを理解し、出来るだけ刺激の少ない皮膚に優しい処理が出来るようにしましょう。

 

・毛嚢炎

 

毛穴が腫れてしまったり、膿んだりする状態のトラブルの事をいいます。

 

これは、吹き出物やニキビと言われるものとほぼ同じものです。

 

顔以外の場所に出来てしまったものを毛嚢炎と呼び、毛嚢炎にもニキビ痕と同じような痕が出来てしまうこともあります。

 

これは炎症性色素沈着と呼ばれており、シミや黒ずみになってしまうことです。

 

毛嚢炎が出来てしまった場合、基本的には吹き出物と同じ様なケア方法で良いのですが、悪化した場合はすぐに皮膚科を受診することをお薦めします。

 

もしシミや黒ずみになってしまった場合には、美白効果がある化粧水やクリームを塗ってケアするようにしましょう。

ムダ毛処理トラブル関連エントリー


ムダ毛の自己処理方法や最新脱毛情報の紹介

Copyright (C) 2010 ムダ毛処理ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ムダ毛処理トラブル