ムダ毛の自己処理方法

ムダ毛処理と皮膚

皮膚に与えるダメージが大きいのがムダ毛処理です。

 

どの処理方法を選ぶかによってこの肌へのダメージの大きさは変わるので、出来るだけ肌への負担の少ない方法を選ぶ様にしましょう。

 

ムダ毛処理方法の中で一番皮膚を傷める可能性が高いのが、脱色や溶かすといった行為です。

 

何か薬剤を使用してムダ毛処理をする場合、毛だけに薬剤を塗るということは不可能です。

 

そのため皮膚全体に塗る必要があり、ムダ毛以外の健康な皮膚にも負担をかけてしまう事になります。

 

薬剤を塗って時間を置くだけととても簡単な方法ですが、肌が弱い人の場合はヒリヒリしたり赤くなってしまう事もあるので、そうなってしまった場合は別の方法を選ぶようにしましょう。

 

毛抜きなどで脱毛する方法は、比較的ダメージが少ないといえますが、これにも個人差があります。

 

皮膚の弱い人だと脱毛した後毛穴が腫れることもあるので、こうなってしまったら別の方法を選ぶ必要があります。

 

皮膚全体にダメージを与える事はありませんが、集中的に毛穴に刺激を与えてしまうことになるので、毛抜きをした後に痛みや痒みが続く時は、自分には合わない方法だと思ったほうが良いと思います。

 

カミソリなどでのムダ毛処理をあまり頻繁に行うと肌が荒れる原因になってしまいます。

 

カサついた肌にもなってしまうので、剃り始める前にはきちんとシェービングフォームを使用するようにしましょう。

ムダ毛処理と皮膚関連エントリー


ムダ毛の自己処理方法や最新脱毛情報の紹介

Copyright (C) 2010 ムダ毛処理ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ムダ毛処理と皮膚