ムダ毛の自己処理方法

毛抜きムダ毛処理の注意点

毛抜きでムダ毛処理をした場合、全て終わったあと綺麗に見えるというのが大きなメリットですが、デメリットもいくつかあります。

 

まず、毛を抜く時に痛みがあるということです。

 

カミソリでのムダ毛処理であれば、皮膚の上を滑らせるだけですので痛みを感じる事はありません。

 

なかにはカミソリ負けをしてしまう人もいますが、カミソリ負けがない人であれば何の問題もなく出来る方法です。

 

毛根を残す方法なので痛みを感じることはありません。

 

ですが、毛抜きの場合は毛根付近まで抜くことになってしまいます。

 

ですから痛みを感じてしまいます。

 

どうしても毛抜きでのムダ毛処理を希望の方は、正しい方法を覚えて行いましょう。

 

まず初めに、伸びてしまったムダ毛はハサミや長さの調整が出来る電気シェーバー等を使い短く揃えます。

 

大体5mmくらいの長さになるように切り揃えましょう。

 

これが終われば毛抜きスタートです。

 

そのまま抜いてしまうと強く痛みを感じますが、毛穴を広げてあげることで多少痛みを軽減することが出来るでしょう。

 

毛抜きを使う場合、皮膚を引っ張りながら毛を抜くようにするといいでしょう。

 

それからカミソリなどで処理する場合と同様に、毛の流れには逆らわず抜くのが基本です。

 

毛の流れとは逆向きに抜いてしまうと毛根付近から抜くことが出来ず、途中で切れてしまうことがあり、仕上がりが綺麗になりません。

 

抜き終わったら濡らしたタオルで冷やす等のアフターケアをしっかり行いましょう。

 

怪我をしたら血流が多くなってしまいますが、毛抜きをした場合も同じ現象が起こるのです。

毛抜きムダ毛処理の注意点関連エントリー


ムダ毛の自己処理方法や最新脱毛情報の紹介

Copyright (C) 2010 ムダ毛処理ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

毛抜きムダ毛処理の注意点