ムダ毛の自己処理方法

処理方法と注意点

ムダ毛シェーバー
カミソリでムダ毛処理をするとカミソリ負けをしてしまう人も多いようです。そんな人は電気シェーバーを利用をお薦めします。電気シェーバーはカミソリよりも肌に対するダメージは低いです。しかし、シェーバーでのムダ毛処理は、根元からちゃんと剃れないと思っている人も多いのではないでしょうか。電気シェーバーの種類によっては根元から剃れないものも確かにあります。ですから電気シェーバーを購入する場合は根元からきちんと剃れる商品なのかを確認した方が良いでしょう。購入の前にはインターネットでの口コミを確認する事をお薦め...
ムダ毛を薄くする
ムダ毛を剃るのではなく、薄くしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。ムダ毛処理をする理由の多くは目立つからであって、はじめからムダ毛が薄くて目立たないのであれば面倒なムダ毛処理をする必要もありません。頻繁にムダ毛処理を行う人の場合、年間にムダ毛処理に使う時間もかなりの時間になってしまいます。ムダ毛を脱色して目立たなくさせる商品がドラッグストア等で販売されているので試してみてはどうでしょうか。脱色以外の方法でムダ毛を薄くしたいと考えている人にお薦めなのが豆乳ローションです。豆乳に含まれてい...
脱色でムダ毛処理
脱色でムダ毛処理をするメリットは、抜いたり剃ったりする手間が無くなるということです。脱色はムダ毛の色を薄くするもので毛自体は残りますが、毛の色が金色っぽくなるので目立たなくなります。当然近くで見ると毛が生えていることはわかるので、それでも良い人に向いている方法です。一度脱色しただけで金色になるものもあれば、時間の調整次第で色の度合いを調整出来るものもあるので、最初は短い時間から試すことをお薦めします。しかし、肌にダメージを与えてしまうものが多いというデメリットがあります。髪のブリーチ剤と同様、成...
うなじのムダ毛処理
うなじのムダ毛を気にしている人は、特に女性に多いのではないでしょうか。なかには自分のうなじを見たことがないという人もいるでしょう。そんな方は一度鏡を使って自分のうなじを確認してみてはどうでしょうか。髪を降ろしている状態だと全く気になりませんが、髪をアップにする機会が多い人は気になる所でしょう。うなじのムダ毛処理の方法でやめた方が良いのはカミソリでの処理です。特に自分で処理する場合、首の後ろ側に手を伸ばして行うので、安定しない上によく見えないため、大変危険です。首には大事な血管がたくさんあり、ちょ...
背中のムダ毛処理
背中のムダ毛は自分で処理がしにくい場所ですが、夏など露出が多くなる季節はどうしても気になってしまう部分でもあります。普段はなかなか自分の背中を見ない人が多いと思いますが、背中のあいた服を着る場合は確認しておいたほうがいいでしょう。合わせ鏡にしたとしても、手が自由に動かないので、カミソリ等でムダ毛処理をするのはとても危険です。肩甲骨があって出っ張っているので、出来るだけカミソリは避けたほうがいいでしょう。電気シェーバーなどを使い、万が一手元が狂った場合でも怪我をしないようなムダ毛処理のアイテムを選...
抑毛でムダ毛処理
ムダ毛処理の方法に抑毛(よくもう)というのをご存知でしょうか。あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、ムダ毛処理が面倒で嫌だという人に向いている方法です。どんな方法でムダ毛処理をするのかというと、ムダ毛を薄く、細くするための成分を体の内側と外側の両方から取り入れるものです。大豆イソフラボンが代表的なものです。他にも抑毛に効果的な成分はありますが、現在販売されている抑毛剤のほとんどはこの大豆イソフラボンが使われています。ムダ毛を薄く細くすることが出来ると一時期話題になった豆乳ローションも大豆イソフラ...
毛抜きでムダ毛処理
ムダ毛処理方法を考えた時真っ先に毛抜きを想像する人も多いのではないでしょうか。毛抜き自体の値段も100円のものから1,000円を超すようなものまで色々なタイプのものが販売されているので、自分が使いやすいものを選ぶようにしましょう。毛抜きだとムダ毛を奥深くから引きぬくことが出来るので、剃るだけとは違い元の状態に戻るまで2〜3週間という長い時間がかかるメリットがあります。その代わり、一本一本を自分の目で見ながら抜かなければならないので、時間がかかってしまうというのがデメリットです。毎日ムダ毛処理をす...
毛抜きムダ毛処理の注意点
毛抜きでムダ毛処理をした場合、全て終わったあと綺麗に見えるというのが大きなメリットですが、デメリットもいくつかあります。まず、毛を抜く時に痛みがあるということです。カミソリでのムダ毛処理であれば、皮膚の上を滑らせるだけですので痛みを感じる事はありません。なかにはカミソリ負けをしてしまう人もいますが、カミソリ負けがない人であれば何の問題もなく出来る方法です。毛根を残す方法なので痛みを感じることはありません。ですが、毛抜きの場合は毛根付近まで抜くことになってしまいます。ですから痛みを感じてしまいます...
カミソリでムダ毛処理
ムダ毛処理の方法の中で時間がかからないのがカミソリを使った方法です。カミソリにも様々な種類があるので、使いやすいかどうかを比較してから選びみましょう。広い場所を剃る場合と、狭い場所を剃る場合のものを別に用意するのがおすすめです。カミソリでのムダ毛処理のメリットは、痛みがないということです。毛根を残すので、毛抜きで処理した時のような痛みはありません。しかし、逆にいうと毛根付近が残ってしまうというのがデメリットです。すぐ新しいムダ毛が生えてきてしまうので、再々処理をする必要があります。それに毛という...
ムダ毛とカミソリの注意
カミソリを使ってムダ毛処理するのはとても手軽な方法であるため、したことがある人は多いと思いますが、正しい方法できちんと処理出来ているでしょうか。バスルームで脚や腕の毛を処理を行う人がいますが、出来れば別の部屋でやることをおすすめします。それは、バスルームは湿気があり、雑菌が繁殖しやすい場所だからです。カミソリでムダ毛処理をすると、どうしても肌の表面に小さな傷がついてしまうので、雑菌が多い場所でのムダ毛処理は雑菌が侵入してしまう危険性があるのです。できるだけ乾燥した部屋で行うようにしましょう。カミ...
ビキニラインのムダ毛処理
夏場に特に行っておきたいのがビキニラインのムダ毛処理ではないでしょうか。水着を着る場合は事前に必ず確認しておいたほうがいいでしょう。毎日水着を着るという人はあまりいないと思いますが、沖縄やハワイなど旅行に行った際には海に入る機会もあるとおもいますので、予めビキニラインのムダ毛処理を念入りしておきたいですね。ビキニラインのムダ毛処理方法としてカミソリや毛抜き等いろいろありますが、おすすめの方法は電気シェーバーによるものです。カミソリを使って剃ると断面が直角になってしまう為、どうしてもムダ毛が伸びて...
腕・脚のムダ毛処理
腕や脚はムダ毛の処理をする機会が最も多い部位でしょう。特に夏場など露出が多くなる季節は、ムダ毛処理をしておけば良かったと後悔することがないよう、定期的に処理しておいた方がいいでしょう。一本一本抜くとなるとかなりの時間がかかってしまう為、カミソリや電気シェーバーでまとめて処理するのが向いている場所です。肌を露出する季節はムダ毛を気にする人の場合、3〜4日に一度程度処理するようにすると綺麗な状態を維持する事が出来るでしょう。冬場であれば一週間に一度のペースで十分だと思いますが、常に腕や脚が出るような...
顔のムダ毛処理
顔のムダ毛処理をすると化粧のノリを良くすることが出来ます。ファンデーションが浮くのも避けられるので、メイクをする人は定期的に処理することをお薦めします。顔のムダ毛処理の方法は他の場所と同じです。ただ顔の皮膚は他の所に比べて薄く丈夫なものではないので、ちょっとの傷でも吹き出物などの原因になってしまいます。処理をするときは、事前に顔に蒸しタオルを乗せて毛穴を開かせてから行うようにしたほうがいいでしょう。まずは顔の毛の流れを確認しましょう。ムダ毛の流れに逆らわないように剃っていきます。まず蒸しタオルで...
わきのムダ毛処理
ムダ毛というと一番に脇を想像する人も多いのではないでしょうか。男性の場合はムダ毛が生えていてもおかしくない場所ですが、女性の場合は頻繁に処理をしたほうがいい場所だと思います。脇の毛は他の場所と比べて伸びるスピードが早いため、少し放置しておくとすぐに伸びてしまいます。また、太さもあるので目立ちますよね。他の場所の場合はムダ毛がどの方向に向かって生えているのかをによって毛の流れに逆らわないように処理できるのですが、脇の場合は一本一本の毛が別々の方向に向かって生えています。電気シェーバーやカミソリで処...
脱毛クリームでムダ毛処理
一本一本の毛を抜くのが面倒という人は、脱毛クリームを利用したムダ毛処理方法もあります。これは、特殊な脱毛クリームを肌に塗ることにより、ムダ毛を抜けやすい状態にする脱毛方法です。使い心地は商品によって異なります。ベタベタしたタイプのものや水のようにさらっとしたタイプのものまであるので、好みの使い心地から選ぶと良いでしょう。ただ、あまりにも水っぽいものや、逆に硬すぎるものはおすすめ出来ません。選ぶ基準の1つとして、伸びが良いものにすると、塗りムラもなく綺麗な仕上がりになることが出来ます。ムダ毛処理に...
脱毛クリームのムダ毛処理注意点
脱毛クリームを使用する際は、クリームがどのような仕組みでムダ毛を処理するのかを知っておいた方が良いでしょう。一般的な脱毛クリームは、薬剤を使い毛の成分であるタンパク質を溶かすことで処理をします。しかし、知っている方も多いと思いますが、人間の体にとってタンパク質とは、なくてはならない成分であり、ムダ毛だけじゃなく皮膚にも含まれています。ということは、脱毛クリームはタンパク質を溶かす効果があるため、皮膚にもダメージを与えてしまうのです。ムダ毛処理効果をもっと出したいからといって、取り扱い説明書に書か...

ムダ毛の自己処理方法や最新脱毛情報の紹介

Copyright (C) 2010 ムダ毛処理ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

処理方法と注意点